東大寺大仏殿

東大寺大仏殿を撮影すること自体は、それほど難しいことではありません。
ただ、見学者が全く居ない無人状態で撮影するのは、平日の朝一番か、
もしくは閉門直後のいずれかでしょう。
1枚目の写真は、閉門直前に関係者にお願いをして撮影したものです。



さて、東大寺と言えばやはり大仏様。 しかしながら大仏様だけ撮影するのでは芸がありません。
実は、大仏殿には観相窓というものがあり、元日とお盆のときだけその窓は開かれます。
ただ、どちらも時期的に人が多そうで、撮影には苦労しそう・・・。
下の写真は、「なら瑠璃絵」という催事に特別に観相窓が開かれたときに撮影したものです。


   Return